凍みもち 5枚入り 福島ふるさとの味

商品詳細

「凍み餅」は冬に草もちを屋外につるして凍らせて乾燥させたおもちです。
福島だけのものではなく、冬の寒さが厳しい東北地方や信州を中心に
作られてきました。氷餅と言う地域もあるそうです。

福島県中通り・浜通りでは、農作業中のおやつとしても愛されていました。
保存食としても便利で、焼いても固くなりづらく、味は草もちに似た独特な香りです。

福鳥商店街で販売している凍み餅は、福島県伊達市にある企業で製造しています。

一般的にはヨモギを使って作るのですが
製造・販売元の企業では東日本大震災以降、手に入りにくくなった
「ごんぼっぱ※」のみをつなぎとして使用している希少な凍み餅です。

製造元で育てたヤマゴボウの葉を使っているので安心して召し上がれます。
ふんわりと粘りを大切に、風味よく仕上げました。

※ごんぼっぱ:キク科のオヤマボクチのことでヤマゴボウとも言います。
“ごんぼ”はゴボウが訛り、ゴボウの葉っぱで「ごんぼっぱ」と言われているそうです。

 

【お召し上がり方】
凍餅をたっぷりの「冷水」を入れて一晩以上浸し、十分に水を切ってから焼いたり調理してお召し上がりください。
お湯で戻すとお餅がバラバラになってしまうので、必ず冷水で戻してください。

砂糖醬油で甘じょっぱい味付けにしたり、きな粉で甘く仕上げても美味しいですよ。

 

内容量1袋5枚入り
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください
消費期限常温で180日間
製造販売有限会社岡崎
凍みもち 5枚入り 福島ふるさとの味

販売価格: 918円(税込)

この商品は軽減税率の対象です。

数量: