デコ屋敷の三春駒 3号 黒駒(箱入)

商品詳細


福島県郡山市の代表とする伝統工芸品で、日本三大駒の一つとしても有名。
黒駒は子宝・安産・子育てのお守りとして作られています。

 

【三春駒の歴史】

「三春駒」はもともと今の名前ではなく「高柴木馬(きんま)」と呼ばれていました。
江戸時代、三春藩領は貧しい藩を豊かにするために、生息していた野生の馬を改良し、多くの良馬を生み出しました。
その本物の馬に付けられていた名前が「三春駒」でした。
ですが次第に野生の馬がいなくなり、高柴でつくられていた「高柴木馬・高柴子育木馬」がいつの間にか三春駒と呼ばれるようになったと伝えられています。

三春駒はすべて直線で造られいて、上品で美しい紋様が特徴です。
黒駒は“子宝・安産・子育て”のお守りとして、白駒は“老後安泰・長寿”のお守りとしてつくられています。

黒駒は昭和29年(西暦1954年)、郷土玩具として日本で最初の年賀切手に採用され全国に知られるようになりました。


※参照元:日本伝統文化振興機構

 

 
原材料名木製
サイズ約 70mm×34mm×120mm
製造販売デコ屋敷 本家大黒屋
内容量1個入
付属品化粧箱入り
デコ屋敷の三春駒 3号 黒駒(箱入)

販売価格: 1,760円(税込)

数量: