[人気]番匠の赤べこ3号(箱入)

商品詳細

福島県を代表する伝統工芸品と言っても差し支えないほど、全国的にもその名を知られる『赤べこ』。

その歴史には諸説あるものの、江戸時代にはすでに子どものお守りとして親しまれていたといいます。また、魔除けや疫病除けの縁起物としても大切にされ、『赤』は病魔を払い、赤べこに描かれている黒い点は「疱瘡(ほうそう)」(天然痘)を表したもので、幼い子どもたちを疫病から守るための身代わりとして描かれたとも伝えられています。

コロナ禍や地震が多く発生している今、赤べこをお守りとして福島県外の方からもご購入いただくことが増え、とても人気です。

▲民芸処番匠での製造風景▲

現在赤べこを手作りで作っているところは2軒しかいません。

和紙を赤べこの原型になる木型に張りそして型抜き張り合わせ、下塗り、赤塗り、と塗り重ねていきます

 

 

▼ららカフェ55号にて民芸処番匠さんの赤べこの記事を掲載しています

▽サイズ違いの赤べこも販売しています

番匠の赤べこ4号

番匠の赤べこ5号

 

原材料名張り子
サイズ108×35×48
製造販売製造販売:(有)民芸処 番匠
内容量1個入
付属品化粧箱入り

 

[人気]番匠の赤べこ3号(箱入)

販売価格: 660円(税込)

数量: